KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

下着として扱われるビスチェはどういう種類があるの?

先に伝えておきたい3つのポイント

  • ビスチェはブラジャーとウエストニッパーが一体になったブライダルインナー
  • 締め付けが少なく、背中部分が開いたドレスとの相性も良い
  • KEA工房では補正力と着心地にこだわったビスチェがある

 

ウエディングドレス専用の下着であるブライダルインナーといえば、ビスチェを思い浮かべる方が多いようです。しかし、ビスチェと一口にいってもさまざまなタイプがあるのをご存じでしょうか。

今回は、ビスチェの特徴や種類について詳しくご紹介します。

ビスチェとはどのようなインナー?

ブライダルインナーには、大きくわけて「セパレートタイプ」と「ビスチェタイプ」の2種類があります。

セパレートタイプとは
ブラジャーとウエストニッパーが別々になっており、2つのインナーを組み合わせて着用する
ビスチェタイプとは
ブラジャーとウエストニッパーの機能を備えた1枚のインナー

海外でよく使われているビスチェの場合は、ガーターベルトがセットになっているものが多いようです。太ももまでの長さのストッキングをガーターベルトで留めて使うため、一般的なパンティストッキングより蒸れにくく快適に過ごせます。

また、ビスチェはブライダルインナーに限らず下着の一種でしたが、最近ではビスチェをトップスとして活用するファッションもあります。

 

ブライダルインナーでビスチェを選ぶ利点

ブライダルインナーを選ぶ際に、「セパレートタイプとビスチェタイプのどちらを選べば良いのか迷ってしまう」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、ビスチェタイプを選ぶメリットを見ていきましょう。

締め付けが少なく長時間着やすい

ビスチェタイプは、セパレートタイプと比べバストからお腹まで布が1枚でつながっているので、締め付け感が分散され長時間身につけていても息苦しさや不快感を覚えることも少ないです。

一方、セパレートタイプはウエストニッパーがセミロングブラジャーのアンダー部分と重なるので、人によっては苦しく感じてしまうこともあります。特に結婚式は長時間にわたって行われるため、途中で気分が悪くなってしまうことも考えられます。
その場合はセミロングブラジャーかウエストニッパーのホックどちらかの留め位置を緩めるなど工夫が必要です。

ビスチェは1枚でボディラインを美しく補正できるため、インナーの着脱に時間をかけたくないという花嫁様や、補正しつつも着心地を重視したいという花嫁様におすすめです。

 

露出が高いウェディングドレスと相性抜群!

ウェディングドレスを着た女性の後ろ姿の腰元

背中が開いたウエディングドレスの場合、インナーがはみ出してしまうと恥ずかしいものです。

ビスチェタイプの多くは背中部分が大きく開いているため、ウエディングドレスからインナーがはみ出す心配がありません。後ろ姿まで美しく見せることができます。

 

インナーのラインが表にでにくい

ウエストからバストまで1枚のインナーで補正するビスチェタイプは、ウエディングドレスの生地が薄くてもインナーのラインが目立つことはなく、スッキリと着こなすことができます

また、セパレートタイプの場合、ブラジャーとウエストニッパーの重なった部分に段差ができてしまうこともありますが、ビスチェタイプではその心配がありません。

 

ビスチェタイプにおすすめのウェディングドレスとスタイル

背中が大きく開いたウエディングドレスを着るときのブライダルインナーは、ビスチェタイプが最適だと述べましたが、Aラインやマーメイドラインのように、ドレスの生地が薄くてシンプルなデザインのドレスを着るときもビスチェタイプがおすすめです。

また、胸のサイズが大きく肉質が柔らかい方の場合背中や脇のお肉が気になります。
セパレートタイプを選んでしまうとアンダーバスト部分が2重になってしまうため、締めつけ感によって余計お肉が盛り上がりやすくなりますが、ビスチェタイプのインナーでは目立ちません。

ウエストからバストまで上半身を一定の締め付けで補正することができるので、バストのボリュームを増やしながら同時にウエストのくびれを作り出すことも可能です

ビスチェタイプは、まさにどのようなドレスデザインでも美しく見せてくれるブライダルインナーといえます。

 

KEA工房がおすすめする補整力と着心地抜群のビスチェ

「メリハリのあるボディラインを作りたいけれど、強い締め付けは苦手」という方におすすめなのが、KEA工房のロングビスチェです。
補整力と着心地にこだわった、ロングビスチェをご紹介していきましょう。

ロングビスチェ 9段タイプ

ロングビスチェ 9段タイプ」は、着心地を一番に考えたシンプルかつスタンダードなビスチェ。幅広いサイズ展開で、多くの花嫁様の人気を集めてきた商品です。

カップの下から伸びた長い縦のボーンがしっかりと胸の重みを支えあげて、胸の高さを長時間維持することができます。カップは深めの作りになっており、ツンとした高いバストトップでドレスの胸元をすっきりと見せます。

背中が大きく開いているのが特徴で安定感のある9段ホック。通常のブラよりもホックが下の位置にあるため、インナーのチラ見えを防ぐことができます。

丈は少し長めで、気になるおなか周りも自然にカバーしてくれます。また、ウエストの2本のサイドボーンがきれいなくびれを演出します。

サイズ調整アジャスターは3列あるため、体型の変化や結婚式当日の体調に合わせて調節することも可能です。

 

ロングビスチェ レースタイプ

KEA工房が取り扱っている商品の中でも、特に補整力が高いのが「ロングビスチェ レースタイプ」です。

脇や背中に流れがちな脂肪を、浅めのカップにしっかりと誘導することで、ふっくらとしたきれいなデコルテと上品な胸の谷間を作り出すことができます
乳間も狭いデザインで気になる脇もスッキリ、身幅も細く華奢に見せてくれます。

カップには着脱可能なパットも付属しているので、胸のボリュームの微調整も簡単に行えます。

さらに、くびれを作り出す胴体部分は二重にしたパワーネットを使用しており、苦しさを感じることなく自然にボディラインを整えることができます。

高級感のあるレースの装飾も特徴のひとつで、色は肌になじみやすいシャンパンゴールドです。身につけるだけで優雅な気分になれる美しいビスチェです。

 

自分に合ったビスチェは、試着で見つけよう!

機能やデザインに優れたブライダルインナーも、サイズが合っていなければ意味がありません。しかし、自分一人でサイズの確認やインナー選びをするのは難しいもの。

そのようなときはKEA工房のフィッティングサロンをぜひご利用ください。
専門のプロのフィッターが採寸からフィッティングまで全力でサポートいたします

ブライダルインナーのことでお悩みではありませんか?

「ドレスに合うインナーが無い・・・」
「体型に合うインナーが無い・・・」

身長、肌質、バストの大きさ、ウエストの細さ、ヒップの形・・お一人おひとり同じではありません。
KEA工房は、数少ないフィッティングにこだわるブライダルインナー専門店。
花嫁さま一人ひとりに最適なブライダルインナーをお選びいただくために、必ず専門のアドバイザーがフィッティングを行ないます。
日本女性の体型を知り尽くした私たちが、花嫁様ご自身の美しさを引き出し、ウエディングドレス姿をいっそう輝かせます。

お気軽にご連絡ください。

ブライダルインナーフィッティングのご予約はこちら

ブライダルインナーについてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-05-2253

KEA工房 BRIDAL INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ブライダルインナー
-, , ,

執筆者:

篠崎 圭子

事監修

株式会社KEA工房 横浜店店長

ブライダル・アピアランスケア両方の接客の他、
病院や地域の出張相談会など外の営業も行っている。
カスタマーセンター、他部署の管理指揮も担当。

ブライダルインナー商品ラインナップへ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【横浜店限定】ブライダルインナー1万円セール開催(7月15日~8月15日)

皆様こんにちは! 暑い日が続きますがご体調はいかがでしょうか。 KEA工房は暑くても元気いっぱい営業 …

本当に必要なの?ブライダルインナーをわざわざ用意する理由とは・・・?

このブログをご覧の方の中には「ブライダルインナー」という言葉を、 初めて知ったという方もいらっしゃる …

挙式前&挙式にもにおすすめ!!【シェイプアップインナー】

折角のドレスの為に、キレイな体型を維持し続けたい! 今日はKEA工房オリジナルで作っている【スタイル …

憧れのウェディングドレス!レンタルと購入のメリットとデメリット

先に伝えておきたい3つのポイント レンタルウェディングドレスが人気の理由と、ドレスの3つの入手方法 …

間違ったブラジャーサイズは「ブサ胸」に…脇寄せブラジャーで「美胸」に補整を!

ブラジャーサイズを最後に測ったのはいつですか? 「服から透けないように」 「(パットを入れて)胸の見 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。