KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

乳がん術式の種類別におすすめのケアインナーをご紹介

乳がんの手術後には、からだにやさしいインナーが必要です。例えば、ブラジャーひとつとっても現在は乳がんの手術を経験された方のためにさまざまな種類があり、傷の状態や体調によって使いやすいものを選べる時代になりました。

今回は乳がんの手術後におすすめのケアインナーを、手術の術式別に詳しくお伝えします。ぜひ、手術後のインナー選びにお役立てください。

術後用インナーは手術の方法に応じて選ぶ

乳がん手術を経験された方用のインナーは数多く開発されているため、どれを選んだらよいのかわからないという方も多いことでしょう。

術後用のインナーは手術の方法に応じて選べます。ここからは、部分切除術(温存手術)・乳房の全摘出術や部分切除術を受けられた方や乳房再建術を受けられた方、そして術式に関係なく使える万能なインナーについて詳しくご説明します。

部分切除術・乳房全摘出術・乳房部分切除術を受けられた方

部分切除術(温存手術)を受けられた方は、傷が落ち着いてきたら摘出部分を補うような専用のパットや全体の形を整えられるような薄手のパットを使用してバストの補整をしましょう。

全摘手術を受けられた方は術後すぐ~3ヶ月あたりに使用する軽い綿製のパットから、いよいよシリコンパットとそのパットを入れられる専用ブラジャーを使用することをおすすめします。シリコンパットは重くて気が進まないという方も多いようですが、適度に重さのあるシリコンパットを使うことで、動いてもズレあがりにくく左右差と体のバランスを整えられます

ロザルノシリーズ

肌に優しい綿素材のポケット付きで、着心地がよく華やかなデザインが特徴のロザルノ アジャーレブラは、「術後に無理なくボディラインを整えられるように」と願いが込められたブラジャーです。

アジャスターが傷に触れないよう後ろ側についていたり、ストラップのずれを防ぐためにバックはU字型になっていたりと、術後に優しい工夫がされています。

ケアブラジャー5362

ドイツ・Anita社の「ケアブラジャー5362」は、プロテーゼ(シリコンで製作された人工の乳房パッド)で有名なドイツの医療用具メーカーアニタ社の製品で、肌にやさしいやわらかなストレッチマイクロファイバーを使用。
擦れも少なく、術後の身体に負担なく楽に着けられる術後専用の後ろホックのブラジャー。
全摘手術、部分摘出手術、再建術後の方にもおすすめ。
素材はすべて有害物質不使用の【Oko-Tex Standard100】の認証済み。
プロテーゼをお使いの方だけでなく、皮膚過敏・かぶれ・繊維アレルギーでお困りの方にも、おすすめです。

乳房再建術を受けられた方

乳房の再建手術には自分の組織を用いた『自家再建術』とシリコンを用いる『インプラント再建術』の主に2つの方法があります。

自家再建術の方は傷の保護をしながらも組織が流れるのを防ぐため脇やアンダーがしっかりしたブラジャーが必要です。

インプラント再建術の方は、インプラント挿入前のバストを拡張させるエキスパンダー(再建手術の第一段階で、皮膚を伸ばすために体に入れるもの)やシリコンインプラント(乳房を形作るシリコン製のパッドで体の中に入れるもの)がずれにくい機能があるブラジャーが必要と言われています。

自分がどのようなブラを使ったらよいか、どの程度の力で乳房を支えるのが良いかなど、再建手術を担当した医師や看護師によく相談しましょう。

どちらも共通していえるのは、優しい着用感のノンワイヤーブラジャーで伸縮性がありつつも術後のバストの変化に対応できるタイプのものを選ぶとよいとされています。

KEA工房ではどちらの術式でも対応できる下着をご用意しております。

ドリームブラ・プラス

医師や看護師、患者の方の声を元にして作られた「ドリームブラ・プラス」は、カップとアンダーそれぞれを、別々にホックでとめるタイプのブラジャーです。

バストを優しく保護しながらも、脂肪が脇の方に流れないような構造になっています。その日の体調に合わせて、3列のホックで留め位置を調節して使用できます。

The breast wrap Sarashi(ザ・ブレストラップ サラシ)

術後すぐから使用可能な「The breast wrap Sarashi(ザ・ブレストラップ サラシ)」は、形成外科医師が考案した、外側から脇のお肉を寄せることができるさらし型のインナーです。

チクチクしない柔らかな面テープ仕様で、デリケートな肌にストレスを与えません。エキスパンダーのずれ防止効果、手術をしていない方の胸の下垂を防ぐ効果もあります。

術式や治療方法に関係なく使える万能インナー

乳がん専用のインナーの中には術式や治療方法を問わず、使用できる万能なインナーもあります。

術後の経過によって必要なインナーが変わってしまう可能性があり、その度に買い換えるのが大変だという方にも、万能インナーはおすすめです。

ホスピタブルシリーズ

ノンワイヤーで面テープ仕様の前開き、ストレッチのきいたコットン素材で汗もよく吸ってくれ、リラックスして身につけられる「ホスピタブルシリーズ」は、術後はもちろん、放射線治療中や呼吸器疾患、授乳中の方にもおすすめできる商品です。

縫い目やタグは外側に来るようにしてあり、肌を刺激しません。パットも入れられ、透けにくい色で外出時にも着用できます。

ふんわりフィットネスブラ

乳がん術後の患者様の声をデザインに盛り込んだ前開閉のスポーツブラ。
内側には大きなポケットがあり、シリコンパットも挿入可能です。こだわりぬいた肌に優しい柔らかな伸縮素材と生地の編みでバストを立体的に仕上げています
縫い目が少なく脇ぐりを大きく開けているので傷にあたらず安心です。前開きがお好きな方、フィット感のあるものが良い方などお好みに合わせてご着用いただけます。

乳がん術後専用のインナーは、このほかにもまだ多数の商品があります。ご自分の体調に合わせて医師に相談の上、ぜひKEA工房で、お気に入りの一枚に出会ってみてください。

まとめ

今回は、KEA工房で取り扱っている術後ケアインナーをご紹介しました。

現在術後のインナーで悩んでいる方や選び方が分からないなど、さまざまな問題があると思います。そのようなときは、ぜひKEA工房までご相談ください。

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナーについてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 BODYCARE INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー
-, , , , ,

執筆者:

ボディーケアインナー商品一覧へ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アロマセラピー体験会に参加しませんか♪

こんにちは♪KEA工房表参道店です。 11月になり、表参道店界隈もすっかり秋の風景です。 さて、今回 …

no image

5月藤沢展示会開催しました

KEA工房横浜店です。 5月25日(水)に「‪#‎藤沢」にて4回目の乳がん・婦人科がん術後ケアインナ …

no image

【病院相談会に行ってきました!】

みなさんこんにちは!ボディケア本社スタッフです! 先日、お伝えしていましたが、病院の相談会に参加して …

10月はピンクリボン月間です!

皆さまこんにちは、KEA工房ボディケアスタッフです^^ すっかり秋らしくなってきましたね~ さて、1 …

no image

「がん治療と暮らしフォーラム」に参加しました!

10月29日(木)~31日(土)の3日間、第53回日本癌治療学会学術集会が京都で開催されます。 京都 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。