KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

乳がんの手術後に着用するインナー!どのように選べば良い?

乳がん専用のインナーは、手術後の傷を保護する目的だけでなく、診察時の負担を軽減したり体のバランスを保ったりとさまざまな役割を持っています。種類も豊富で、体の状態や傷の経過治療方法に合わせて選ぶことができます。

では、何を基準にして、どのように選べば良いのでしょうか?

まずは、専門店からパンフレットを取り寄せ、乳がん専用インナーの特性を知るのが良いでしょう。専門店に直接ご相談いただくことで、患者様それぞれに合ったアドバイスが受けられるというメリットもあります。

今回は、専用インナーを着用する理由やKEA工房おすすめの商品をご紹介します。

 

今までのインナーではダメな理由とは

乳がんの手術をした後は、今まで着用していた下着ではなく専用インナーの着用をおすすめします。

乳がんの手術直後は、肌がデリケートになっています。わずかな締め付けでも傷の痛みや皮膚のかゆみなどを感じる場合があるため、今まで使用していたワイヤーの入っている下着は避けたほうが良いでしょう。

また、時間の経過とともに傷の状態や体調は変化するため、ご自分の体の状態に合わせたインナーを着用する必要があります。

 

乳がんの手術後は専用のインナーを身に着けよう

患者様は病院から勧められるまま、手術直後から次の受診期間までを胸帯で過ごされる方が多いようです。胸帯は装着するのが大変なうえに洗濯もしづらいため、術後の患者様にはストレスがかかります。

手術が決まった時点で、乳がん専用のインナーを準備しておくことをおすすめします。

乳がん専用のインナーは、術後すぐに着用できるものから、その後の経過や、患者様それぞれの治療方法に合わせて種類が豊富にあります。ご自分に合ったタイプの専用インナーを身に着けることで、ストレスが軽減できるだけでなく、治療の際にもスムーズに診察が受けられます。

また、専用インナーは術後の乳房のバランスを整えるために重要な役割も担ってくれます。

 

どなたでも使いやすい乳がん専用インナー

手術後のインナーとして、KEA工房では「ホスピタブル・コンフォート」「ホスピタブル・ロング」をおすすめします。どちらもノンワイヤーのソフトブラで、どなたにでも使いやすい仕様です。
術後すぐから放射線治療中まで着用できます。

 

ホスピタブル・コンフォート           

手術後すぐは傷の保護を考えたインナーが必要です。
しばらくは腕の上げ下ろしがしづらくなるため、前開き仕様のものを選ぶと良いでしょう。

「ホスピタブル・コンフォート」は、前開きで着脱が簡単です。

マジックテープ(TM)式でサイズ調節が細かくできるのもポイント。傷が痛む時期は緩めに着用し、痛みが治まったら体にフィットするよう身に着けるといった使い方ができます。

袖ぐり、背中、前中心の開きが広いデザインで、洋服からもはみだしづらいのが特徴です。ソフトな布地なので、敏感肌の方でも快適にお過ごしいただけます。

(※マジックテープ(TM)は株式会社クラレの登録商標です)

 

ホスピタブル・ロング

傷口が下部にある方やドレインを使用する方には、ホスピタブル・コンフォートよりやや丈の長い「ホスピタブル・ロング」がおすすめです。

コットン素材を使用したやわらかいカップで着け心地も良く、伸縮性もあるため圧迫感がなく動きを妨げません。こちらも前開きタイプなので、診察の際や治療時の着脱がしやすいです。

また、デリケートな肌を刺激しないよう、アンダーゴムや縫い目を外側にするといった工夫がしてあります。

さらにホスピタブルブラ用パットを入れることで、シルエットも整い傷口の保護にもなります。
患部を冷やすためのクールパッドもご用意していますので、放射線治療時にお使いいただけます

 

術後の経過や治療内容によって選ぼう

ここまで、乳がん専用インナーについてご紹介しましたが、最後に一般的な術後専用インナーの選び方の基準をまとめてみました。

 

・術後すぐ
→ノンワイヤーで前開きのものが良い。デリケートな肌へ刺激の少ない素材を選ぶ。
・術後3週間から3か月程度
→体のラインを整えられるような適度なサポート力のあるものがおすすめ。バストのバランスを整える軽めのパットを使用することも可能。
・術後の経過が落ち着いたら
→患部の腫れや痛みがなくなってきたら、ホックが後ろにあるタイプでおしゃれを楽しむこともできる。シリコン製で重さのあるパットも使用できる。

 

乳がん手術後の傷の位置や大きさ、放射線治療の有無などは患者様ごとに異なりますので、経過を見ながらご自分に合ったインナーを選んでいくことが大切です。

KEA工房では、ご紹介したタイプのほかにも、さまざまな乳がん専用のインナーをご用意しています。

傷の回復とともにおしゃれをしたいと感じる方も多いでしょう。かわいらしいデザインのものや、一目には術後用インナーと分からないものもあります。見た目にも美しく自信の持てるインナーを身に着けることで、気持ちも前向きになれるでしょう。

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナーについてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 BODYCARE INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー
-, , ,

執筆者:

原島 亜奈

事監修

株式会社KEA工房 アピアランスケア事業部マネージャー

乳がん術後からリンパ浮腫製品の知識があり
自社製品と患者様と病院との繋がりに重きを置き活動している。
広報・WEB管理も担当。

ボディーケアインナー商品一覧へ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

明けましておめでとうございます

  KEA工房一同 謹んで初春のお慶びを申し上げます。 旧年中はブライダル、ボディケアと …

【愛知県】がん暮らしフェア2016

皆様こんにちは! 今日はハロウィーンです♪ お菓子にかぼちゃ、イベントに合わせて 食で楽しむのもいい …

スタッフ向け研修会をお受けしています!

「平成28年熊本地震」により被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一 …

no image

スタッフ研修

毎月月初には、各店ごとに「がん」の治療や環境などについて勉強する研修会が開催されます。 以前から折に …

no image

【藤沢】相談会のご案内

蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 横浜店スタッフです。 7月8日小田原、7月13日 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。