KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

乳がん用の下着(肌着)は術後の経過と体の状態で変更すべき!?

先に伝えておきたい3つのポイント

  • 乳がんの手術後すぐは、ノンワイヤーで前開きのインナーがおすすめ
  • 術後の経過に合わせたインナーやパットで、少しずつおしゃれも楽しめるようになる
  • 患部の状態や体型によって最適なサイズのインナーを選ぶことが大切

多くの女性にとって乳がんは関心の高い病気です。実際に乳がんと診断された方のなかには、「どのようなインナーが、どのタイミングで必要になるのか」、「術後も今までの下着を使用しても良いのか」など、下着についての疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。
ここでは、乳がん用の下着について、術後の経過に応じた選び方やKEA工房でおすすめの商品をご紹介していきます。病気に直面し、大きな不安を抱えている方々がストレスなく治療に専念できるよう、最適な下着を見つける参考にしてみてください。

術後すぐはワイヤー入りの下着を控えよう!

手術が終わった直後は、肌がとてもデリケートになっています。わずかな締め付けも気になり、痛みやかゆみを敏感に感じることがあるため、ワイヤー入りの下着は避けましょう。患部に腫れやつれが出たり、腕の上げ下げもしにくくなったりするので、後ろに手を回さなくても着脱できる前開きタイプのものや、肌にやさしい素材のものがおすすめです。

KEA工房で取り扱いしている『ホスピタブル・コンフォート』は、ストレッチの効いたスポーツブラ風のデザインで、前開きタイプのブラジャーです。素材にはコットンを使用し、肌にもやさしくソフトな着心地です。また、襟ぐりと脇ぐりが深めになっていることで洋服の下から見える心配がなく、脇が下着にあたるのを避けられるので、リンパ節郭清をした方でも安心して使用できます。大きめのポケットが付いており、患部を冷やすためのクールパットを入れることも可能です。

手術から3週間ほど経過した方へおすすめの下着!

術後3週間ほど経過すると、徐々に術痕も落ち着き痛みも和らいでくるため、「少しずつ体のラインを整えていきたい」と思う方も多いのではないでしょうか。そこで、この時期には適度なサポート力のあるノンワイヤーのブラジャーがおすすめです。

KEA工房で取り扱いしている『ツーピースブラ レーシー』は着け心地が軽く、ずれ上がる心配の少ない優秀なノンワイヤーブラです。豪華な幅広レースをあしらったデザインは、一般的なブラジャーと変わりませんが、ホックが斜め前で留められるようになっていたり、胸元のリボンでバランスを調節できたりと、術後の体をケアする機能が充実しています。
また、大きめのポケットが付いていることもうれしいポイントです。治療により左右のバストのバランスが崩れてしまって気になるという方は、ポケットにパットを入れてバランスを整えることが可能です。パットを選ぶときには、術痕を保護するためにも軽いものをおすすめします。

術後の経過が落ち着いたらおしゃれも楽しもう!

手術からおよそ3か月から6か月経ち、腫れや痛みがなくなってきたら後ろにホックがあるタイプや、重さのあるシリコン製のパットを使用することが可能です。
重さのあるシリコンパットを使うことで左右のバランスを保てるため、腰や肩へかかる負担も軽減する効果があります。また、胸元が開いた洋服や体にフィットする洋服も安心して着られるようになり、おしゃれを楽しむこともできます。

KEA工房で取り扱いしている『ロザルノ アジャーレブラ』は、術後の方でもボディラインを美しく整えることができるように考案されたノンワイヤーのブラジャーです。フルカップタイプでしっかりとバストを包み込み、脇や背中をすっきりと見せてくれる脇高設計となっています。アンダー部分とストラップにはストレッチ素材を使用。フィット感のある着け心地です。また、色やデザインにもこだわり、上品で華やかに仕上げられています。

術前でも術後でも幅広く使えるリラックスインナー

手術前から術後の経過が落ち着いたあとまで幅広く使うことのできる下着をお探しであれば、KEA工房の『ふわキャミトップ』がおすすめです。「安心・やさしい・使いやすい」をコンセプトに作られた下着で、どのような治療を受けられる方でも着用できます。

肌にやさしい天然素材であることはもちろん、伸縮性に優れているため患部の圧迫を防ぎます。また、バストや脇の傷口に縫い目があたらないよう背中側で縫製をしていることもポイントです。
さまざまなシーンで使える優秀なインナーです。

患部のためにも正しいサイズの下着を着けよう!

手術後は患部の状態や体型に合わせたインナーを選ぶことが大切です。自分の体の正しいサイズを知ることで、患部へ負担をかけず快適に過ごせる下着はもちろん、より自然で美しいシルエットを保てる下着を見つけることができます

KEA工房は、専用のボディケアインナーを豊富に取りそろえているだけではなく、丁寧なカウンセリングや採寸、フィッティングにこだわりをもっている専門店です。大切な術後の体を守る高機能インナーと、カウンセラーのきめ細やかなサポートが病気への不安を少しでも軽減できれば幸いです。これから手術を控えている方も、術後の方も、病気にともなう下着選びにお困りのことがありましたら、ぜひ一度KEA工房にお問い合わせください。

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナーについてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 BODYCARE INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー
-, , ,

執筆者:

松本 容子

事監修

株式会社KEA工房 ボディケア事業部銀座店

アピアランスケア推進課
看護師・保健師

ボディーケアインナー商品一覧へ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

補整下着展示会を行いました

KEA工房横浜店です。 昨日1月29日(土)神奈川県立がんセンターにて、術後補整下着展示会に参加しま …

乳がん術後に気になる傷!脇の下が深いインナーで痛みやスレを軽減

先に伝えておきたい3つのポイント 乳がんの手術後はインナーが触れることで痛みが出る場合がある 脇の下 …

忘れものがないかチェックしよう!乳癌で入院する際に準備するものとは?

先に伝えておきたい3つのポイント 入院する際は健康保険証や現金、携帯電話を忘れないようにする マジッ …

訪問看護の現場

久しぶりの投稿になりました。 この半年、病院よりも訪問看護ステーションに伺わせていただくことが多くな …

no image

ウィンターセール☆好評開催中です

こんにちは。銀座店です。 27日から開催中のウィンターセール!! 多くのお客様にご来店いただきまして …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。