ブライダルインナーの洗濯方法

ブライダルインナーは、すべて手洗いが基本です。
ご使用洗剤は【蛍光増白剤】や【漂白剤】が含まれるものは避けてお選びください。

ブライダルインナーが入る大きめの容器をご用意し、ぬるま湯を入れ洗剤を良く溶かしておきます。
次に、インナーを容器に入れ押し洗いしたあと、2~3回ほどよくすすぎ、バスタオルなどに包み押し挟んで水切りします。
脱水後は、インナーの型を直します。 カップ部分はパットなどが入っている場合は一旦抜き、湿っているうちに内側中央に指を入れカップの形状をまるく整えます。中のボーンが曲がらないように、また、生地やレースが伸びないように気をつけながらしわや捻じりを直します。レースの場合は、手のひらの間にはさんで丁寧にのばしましょう。

ブライダルインナー イラスト

ブライダルインナーのほし方

干す際は、カップ上(脇部分の両サイド側)を洗濯バサミで挟んで吊るすか、ワイヤー中央側を二つ折りにしハンガーに引っ掛けるようにして風通しのいい日陰で干します。
※乾燥機の使用は、場合によっては型くずれや熱による生地トラブルがある為避けて下さい。 
※直射日光は黄ばみや色あせ、生地を痛める原因になりますので注意してください。

KEA工房の製品は、どれもお洗濯がしやすいナイロン素材なので、汗の気になる季節もマメなお洗濯が可能です。 
保管方法は、パットを外して中央を2つ折りにします。 レース生地の場合は外側を内にするように2つ折りにするとホックの引っ掛けによるほつれが無く安心です。
2つに折れたら片方のカップをもう片方のカップへ入れ、ホック部分の生地は畳みボーンを曲げないように注意し平らの状態にして保管してください 。
保管の際での、香水や消臭スプレーの使用は、シミ・黄ばみの原因となりますのでご使用はお控えください。

INFORMATION

メディア掲載情報
STAFF BLOG
ピンクリボン運動

サロンのご紹介

KEA工房のブライダルインナーは東京-銀座、神奈川-横浜、埼玉-大宮の各サロンでご試着いただけます。
サロンは完全個室のご予約制。
プロのフィッターがドレスを美しく着るためのアドバイスやボディラインを整えるフィッティングのアドバイスを行っています。
ぜひお気軽にお越しください。