初めてお越しの方へ

KEA工房はボディケアインナーを通じて、
お客様のお体と心のケアをサポートいたします。

KEA工房はボディケアインナーを通じて、お客様のお体と心のケアをサポートいたします。

KEA工房は、女性特有のがんを体験した方のための快適な下着とケア製品を取扱う術後下着の専門店です。
専門のアドバイザーによるフィッティングや術後の下着のご相談を承っている数少ない専門サロンです。

乳がんや婦人科系疾患の手術をされた方にとって、心のオアシスとなるよう様々なサポート体制でお客様のお悩みやご相談を承っておりますので、お一人で悩むのではなく、まずはお気軽にお近くのサロンまでお問い合わせいただければ幸いです。

日本における乳がん患者は近年急激に増加傾向にあり、年間約8万9千人の方が新たに乳がんと診断されるとも言われております。女性にとっては身近なリスクとして認識が高まっており、乳がん検診の受診と早期発見を推進するピンクリボン運動などの啓蒙により、一層意識は高まりつつありますが、身近に相談できる人がいなかったり、特に体に関する相談がしにくいといった声もあり、後手に回ってしまうことも少なくありません。

KEA工房は、術後の方はもちろん、これから手術を受けられる方や治療中の方でも安心してご利用いただけるよう、術前から術後までしっかりと専門スタッフがサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

まずは乳がんに関する正しい知識を身につけましょう!

まずは乳がんに関する正しい知識を身につけましょう!

乳がんの手術方法は、その状況応じて様々な術式があります。 乳房全体を取り除く乳房切除術、乳房の一部だけを切除してふくらみを残す乳房温存手術、その他放射線療法やホルモン療法、化学療法など様々な方法がありますが、基本的にはがんの進行度合いや性質、患者様の条件等により治療法を選択しなければなりません。

「怖いから具体的なことは知りたくない」「大切なバストを傷つけたくない」と思われる方も多いのですが、昨今では患者の病状や要望に合わせたさまざまな手術法がありますので、まずはしっかりとご自身の状態を知り、主治医の先生と相談することが大切です。
ご自身の体と向き合って乳がんの手術の種類と内容を把握することから始めましょう。

乳がんの治療と時期に合わせた下着の選び方

乳がんの治療と時期に合わせた下着の選び方

乳がんをご経験された方はもちろん、これから手術を予定されている方は、何をどのように選んで購入すれば良いかも分からないと思います。
乳がん用の下着は、術後の傷口を保護する機能はもちろん、術痕に刺激を与えないよう様々な工夫がなされております。また、放射線治療など治療内容によってはお肌が非常に敏感になっていることもあり、普段お使いのワイヤーの入った圧迫感の強いブラジャーなどはお使いいただけませんので、必ず治療内容に合った下着をお選びいただく必要があります。

「怖いから具体的なことは知りたくない」「大切なバストを傷つけたくない」と思われる方も多いのですが、昨今では患者の病状や要望に合わせたさまざまな手術法がありますので、まずはしっかりとご自身の状態を知り、主治医の先生と相談することが大切です。
ご自身の体と向き合って乳がんの手術の種類と内容を把握することから始めましょう。

時期別・術式別オススメのインナーやパット

リンパ浮腫について

リンパ浮腫について

一般的にがんの術後の後遺症としてしられる「むくみ」、これがリンパ浮腫です。
手術直後に発症する方もいれば、10年以上経過してから出現する方もおり、いずれにせよ多くの女性がこの「むくみ」に悩んでいるのが実情です。
現在リンパ浮腫でお悩みの方も、これから乳がん手術をお受けになる方もしっかりとリンパ浮腫の症状を理解し、予防するためにはどのようにしたら良いか、むくみが生じたらどのようにしたら良いか、正しい知識を身につけて早期むくみ解消を心掛けましょう。

弾性ストッキング・スリーブなど弾性着衣について

弾性ストッキング・スリーブなど弾性着衣について

弾性ストッキングや弾性スリーブなどの弾性着衣は、乳がん手術後に発生することの多い四肢のリンパ浮腫の重篤予防を目的とした一般医療機器です。医師の指示に基づき着用することはもちろん、正しいサイズと使い方をしっかりと理解することが大切です。
リンク先のページでは、弾性着衣を代表する弾性ストッキングと弾性スリープの特徴と留意点をご紹介しつつ、KEA工房でご案内できる製品をご紹介いたします。

弾性着衣の着け方・使い方

弾性着衣の着け方・使い方

むくみ対策に用いられるのが、弾性ストッキングや弾性スリーブなどの弾性着衣です。医療用弾性着衣は、安価で市販されているような美容アイテムとは全く異なり、正しい着用方法とお体に合ったサイズを選ぶ事が重要で、使い方を誤れば症状の悪化につながることもあります。
リンク先のページでは弾性ストッキングや弾性スリーブの正しい着用法と使い方、注意点などをご紹介いたします。

弾性着衣の療養費支給について

乳がん手術後のリンパ浮腫における圧迫療法に必要な弾性着衣の購入については、療養費扱いとして平成20年4月より保険適用対象となりました。ただし、一定の条件や手続きが必要となりますので、その手続きに必要となる書類や申請方法などは、しっかりと理解しておきたいところ です。くれぐれも領収書等の添付書類を紛失したりしなよう注意して ください。
リンク先のページでは、療養費申請に係る返金条件や手続き方法などを詳しく説明いたします。

KEA工房ヒストリー

KEA工房ヒストリー

KEA工房の始まりは今から約20以上年前のこと…。
中目黒の下着の専門店から始まりました。KEA工房では、乳がんや婦人科系疾患の手術をされた女性が、おしゃれで活動的な毎日を過ごせるように、ボディケアインナー(術後の下着)の開発・製作を行っています。

KEA工房の立ち上げのきっかけとなったのは、インポートランジェリーの販売をメインにしたランジェリーショップ。お一人おひとりに適した心地よい下着をつけていただくため、当時からお直し(微調整)をして販売を行っていました。

そんな時ある雑誌で、「乳がん」の記事を発見!「健康な身体でも自分に合う下着を探すのが大変なのに、乳がんの手術を受けた方はもっと難しいはず。そんな方々のために何か手助けをしていきたい」と、強く感じました。

そして乳がん用下着の製作・販売を始めてみましたが、乳がんに対する世間の関心は低く、患者様の情報を収集することは難しい時代でした。
病院にカタログを置かせていただき、患者様に向けた情報を発信することが精一杯の日々…。

その後コツコツ病院訪問を続け、少しずつ患者様のお手伝いをさせていただける場が広がっていきました。今では専門の先生、師長、看護師の方々に、直接製品の説明をさせていただけるまでになることができました。

KEA工房は、試着とご相談にこだわっています

KEA工房は、試着とご相談にこだわっています。

サロンでは商品のご試着はもちろん、
専門スタッフが術前術後の下着のご相談を承ります。
KEA工房では看護師資格を持ったスタッフも在籍しており
よりお客様への高いホスピタリティの提供をおこなっております。

銀座・横浜・大宮に、完全個室のサロンを展開。

KEA工房ボディケアインナーは、銀座、横浜、大宮の各サロンでご試着いただけます。
ご来店時は完全個室試着室をご用意いたしますので、ご予約の上ご来店ください。
ご予約は随時行っております。お気軽にご来店ください。

銀座サロン

銀座サロン

銀座の中央通りに面したサロンです。各線の新橋駅より徒歩5分とアクセスの良い場所にありますのでお買い物や病院帰りにぜひお立ち寄りください。

横浜サロン

横浜サロン

横浜サロン近隣には、みなとみらい、赤レンガ倉庫、大桟橋、中華街、元町などショッピングや観光を楽しめるスポットがたくさんあります。ご家族、ご友人とお誘い合わせのうえ、ぜひお気軽にご来店ください。

大宮サロン

大宮サロン

お買い物や病院帰りにも足を運びやすい、大宮駅前のサロンです。個室のカウンセリング・フィッティングルームで、ゆったりとご相談やご試着をしていただけます。お身体に合うお気に入りのインナーをスタッフと一緒に探しましょう。

ご予約・お問い合わせ